ビーグレン シミ 口コミ 効果

ビーグレンでシミは消えた消えないどっち?口コミでその効果を暴露

ビーグレンでシミが消えるのか、口コミと効果をまとめました。ビーグレンはアメリカの化粧品会社で、悩み別にさまざまなトライアルセット販売しています。特に中年以降の女性が悩まされるシミに特化したトライアルセットもあります。
→頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen

ビーグレンのシミへの口コミ

まずはビーグレンでシミが消えないという口コミからご紹介します。

 

  • ビーグレンは美白で有名なようですが、私にはシミが薄くなった、肌のトーンが綺麗になった、透明感が出た等の効果はありませんでした。美白ラインではなく、エイジングラインもありますのでこちらの方が私は好きです。
  • シミをどうしても消したくて、ビーグレンを買いました。特に効果は感じられなかったので使用は継続しません。
  • ビーグレンは、保湿効果はほどほどにあり使用感は良かったです。でもシミについての効果は感じられませんでした。

 

このようにビーグレンの美白化粧品を使ってもシミが消えないという口コミがありました。

 

原因としてはいくつか考えられます。

 

まず1つめにシミの種類は一つではないということです。

 

老人性色素班、炎症性色素沈着、肝斑などはビーグレンで治る可能性が高いシミです。

 

老人性色素班はこれまでに浴び続けた紫外線が原因で時間の経過に伴って現れてくるものです。
炎症性色素沈着はニキビや肌荒れからシミに効く変化してしまったもののことです。実は私もこのパターンのシミを実際よく経験しています。特に40代なってから吹き出物が出来ると色素沈着してシミになることが多くなりました。
肝斑はCM でもよくやってるのでご存知の方も多いかもしれません。女性ホルモンのバランスの乱れが原因と言われるシミで、頬骨に沿って左右対称にまたは、目尻の下あたりに左右対称にできることが多いです。これらのシミはビーグレンで効果を実感できる可能性が高いです。

 

ビーグレンで効果を実感できない可能性が高いシミは脂漏性角化症とソバカスです。
脂漏性角化症は老人性疣贅ともいわれています。年寄りイボと言われています。皮膚の良性の腫瘍の一つで年を取るとできるイボですが、若い人にできることもあります。

 

そばかすはご存知の方も多いでしょう。細かい茶色の点がたくさんできるものですね。

 

これらのシミの場合ビーグレンで効果を実感するのは難しいかもしれません。

 

もう1つ、シミの種類に関係なく、ビーグレンでシミに対して効果を実感できないケースがあります。それは実は皮膚全体が美白された場合です。

 

皮膚全体にビーグレンの化粧品を使ってるとなかなかその効果を実感するのは難しいかもしれません。しかし実際にはビーグレンのおかげで顔全体が美白され、シミがだんだん浮き上がってくるんですね。それでかえってシミが目だったように見えるのです。

 

そのまま使い続けていると肌の細胞が生まれ変わり、シミがなくなるかもしれません。
本当はビーグレンでシミへの効果があるかもしれないので、できるだけ注意深く見てみましょう。

 

では次にビーグレンでシミに対する効果を実感したという口コミをご紹介しましょう。

 

  • ビーグレンを使うようになってこめかみのシミが薄くなりました。
  • キューソームホワイトクリーム1.9とCセラム両方使っています。シミが薄くなってきますし、全体的に肌のトーンがアップしたと感じました。
  • ビーグレンは肌のハリも感じたのでとても良かったです。資生堂の美白製品よりも白くなった感じはしました。
  • シミ自体が白くなったのではありませんが、顔が明るくなったのでOKです。また肌荒れすることがなかったのもよかったです。
  • 気になっていた頬骨の下のシミが小さくなりました。
  • ビーグレンのシミへの効果よりも黄ぐすみに効果を感じました。顔全体がトーンアップした気がします。
  • ビーグレンを使ってからシミが薄くなり、消えかけて感動したのに、満足して使うのをやめたらまた濃くなってきました。慌ててまたビーグレンを使用しだしたらまたシミが薄くなってきました。今度はもうしばらく使い続けようと思います。

 

このようにビーグレンの化粧品を使用してシミに効果を実感したという口コミがたくさんありました。また、シミに直接的な効果を感じたというよりも肌全体のトーンアップやくすみの解消を感じた方もいました。
→頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen

ビーグレンのシミへの使い方

ビーグレンのシミへの使い方で気をつけたいことがあります。特にビーグレンのキューソームホワイトクリーム1.9は使い方に注意が必要です。ハイドロキノンが入ってるので日光に当たってはいけません。なので、朝は使わないようにしましょう。ビーグレンの公式ホームページにも夜のみ使用するように記載されています。

 

Cセラムも、日光に当たらない方がいいです。高濃度のビタミンCが入っているので、朝使っても良い製品ではありますが、しっかり日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

ビーグレンのシミ用化粧品の副作用

ビーグレンのシミ用化粧品で副作用を感じた方はいないのでしょうか?実は私がビーグレンの口コミを調べているとシミの化粧品の中にはやはり副作用も見つかりました。

 

まず1つめがシミが白く色抜けしてしまうという副作用です。一時期、カネボウの化粧品で白斑トラブルが話題になりましたね。あれと同じことビーグレンでも起きていました。副作用で一番気をつけたいのはこの白斑です。

 

2つめに、ビーグレンで湿疹ができるという副作用もあります。湿疹ができて肌がガサガサになってしまったら、もうビーグレンの化粧は使わない方が良いのでしょうか?
この場合湿疹の原因は肌の乾燥が考えられます。

 

ビーグレンの美白用のトライアルセットには含まれている美白用の化粧品として有名な物にCセラムがあります。CセラムはビタミンCを高濃度で配合している美容液です。私はビタミンCをイオン導入したことがあるのですが、その時肌のつっぱりをかなり感じました。ビタミンCは、美白など肌への効果はとても高いのですが、その反面乾燥がとても気になる成分なのですね。

 

だからもしビーグレンのシミ化粧品としてCセラムを使ってる場合は乾燥に気をつけて様子を見てください。

 

ビーグレンのトライアルセットに含まれる商品

ビーグレンのトライアルキットにはクレイウォッシュ、キューソームローション、Cセラム、キューソームホワイトクリーム1.9、キューソームモイスチャーリッチクリームがセットになっています。

 

まずクレイウォッシュで洗顔します。クレイウォッシュは数あるビーグレンの化粧品の中でもとても人気の高い製品です。

 

次にキューソームローションを肌に塗ります。これは次に塗るCセラムやキューソームホワイトクリーム1.9の効果を引き出すように作られています。

 

次にCセラムを顔全体に塗ります。ビタミンCが高濃度に配合された、まさにシミ用の化粧品です。

 

ビーグレンの薬用トライアルセットで一番シミに対して効果を期待できるのはキューソームホワイトクリーム1.9です。これは夜だけ使用してください。このクリームにはハイドロキノンが配合されています。肌に明るさと輝きをもたらしてくれる成分です。

 

最後にキューソームモイスチャーリッチクリームでしっかり保湿します。このような手順でビーグレンのトライアルセットを使いましょう。

 

ビーグレンは楽天で販売されてる?

ビーグレンは楽天で販売されているのでしょうか?気になる方も多いでしょう。

 

ビーグレンは、楽天でも販売されています。販売されてる商品はビーグレンの単品ばかりです。公式サイトではなくいろんなコスメショップが販売しています。
例えばシミに効果があるとされるハイドロキノン配合のキューソームホワイトクリーム1.9なら6942円で販売されていました。これに別途送料がかかります。

しかしビーグレンの公式サイトなら同じキューソームホワイトクリーム1.9が6480円で販売されていて送料も無料です。しかも、ビーグレンで購入すると、もし本製品が気に入った場合は定期でいつでも25%に引きになるしプレゼントももらえます。また、年に2回の大きなセールがあるのでビーグレンを買うなら公式サイトが断然お得です。

 

ビーグレンの単品はあるの?

 

ビーグレンに単品はあるのかと気になる方も多いようです。ビーグレンの単品使いはもちろん可能です。単品で商品が販売されています。しかし、肌に合わなかったらもったいないですし、吹き出物や肌の乾燥、赤みなどが出たら元の状態に戻すのにかなり時間がかかってしまいます。

 

なのでまず最初はビーグレンのトライアルセットから試しましょう。8つのトライアルセットがあるので自分の肌の悩みにあったトライアルセットを選択できます。またなかなか使えない商品も気軽にお試しすることができるのもメリットです。さらに、トライアルセットは本製品よりもかなり割安になっています。色々セットになって6442円が71%オフの1800円なのですからとても魅力的です。

 

初回しかトライアルセットの購入はできないのでぜひ初回はトライアルセットを試してみましょう。もちろん送料も無料です。
→頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen